松山ケンイチ太った画像が悲惨!Lの役作りで激太り?小雪と創価学会員だった?

ma01

松山ケンイチが日に日に太ってるようですが、
その激太りの背景には何があったのでしょうか。

だたの役作りとも言われていますが、
太ってしまった理由があったようです。

創価学会員との噂の真相や、
松山ケンイチについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

プロフィール

本名:松山 ケンイチ
生年月日:1985年3月5日
出生地:青森県むつ市
身長:180 cm
血液型:B型
職業:俳優
事務所:ホリプロ

 

松山ケンイチが太った理由は役作り?

松山ケンイチはさまざまなドラマや映画に出演し、
数多くの男優賞を受賞するなど、
俳優として大活躍しています。

松山ケンイチは役作りの為に髪を長く伸ばしたり、
色白だった肌を日焼けサロンで焼いたり、
役作りに対してのこだわりが人一倍強いそうです。

中でも映画版『デスノート』でのL役が
漫画を忠実に再現していて、
本人も役作りに苦労したほどのようです。

しかし今回は本当に役作りで太ってしまったのか、
疑問視されるくらい激太りしてしまっています。

その激太りしてした写真がこちらになります。

ma02ma03

松山ケンイチ『の・ようなもの のようなもの』の公開を記念して、
舞台挨拶していたときの写真です。

これは本当に松山ケンイチなのでしょうか。

以前の松山ケンイチと比べると、
その豹変ぶりには驚いてしまいますが、
その激太りの理由とは一体何なのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

 

sa01

ここまで太った理由としては、映画『聖の青春』での主演が決定し、
29歳の若さで亡くなった将棋棋士の村山聖九段役を演じる為です。

村山聖九段は腎臓の難病”ネフローゼ”という病を患っていて、
その為に顔や手足が浮腫んでいました。

その為に松山ケンイチは「最低20キロは増やす」と意気込み、
まずは体重を増やすことから始めているようです。

村山聖九段は少し風変わりな人物だったようで、
下記のような人物だったようです。

”肉丸と呼ばれるくらい太っており、真冬でも素足にズック靴、
ワイシャツ腕まくりの薄着姿。手を洗わない、爪も髪も伸ばしっぱなし、
服装にも無頓着、好きなことにだけに熱中し、宝物は3000冊の少女漫画だったそうです。”
(引用)

松山ケンイチもストイックに役作りをしているようですが、
今回の村山聖九段役になりきるためには、少し大変そうですね。

 

松山ケンイチと小雪は創価学会員だった!?

松山ケンイチに創価学会の噂がありますが、
その理由は実家も聖教新聞の販売店をしているからのようです。

松山ケンイチも幼い頃に聖教新聞の集金をしていたようですが、
また当時は創価学会員ではなかったようです。

俳優を目指し東京へ上京し、入団を決意したそうです。

入会後は学会タレントとして信者に話が広まり、
小雪との出会いも創価学会を通じてとも言われており、
夫婦で創価学会員であるようです。

しかし実際に創価学会員であることの証拠はありませんので、
あくまでも噂であるようです。

どんな宗教に属していても、
松山ケンイチであることには変わりありませんので、
今後も頑張ってほしいですね。

 

スポンサードリンク

 

関連記事はこちら

他の人気記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!