はしのえみの子供に違和感?怖い顔つきは病気やダウン症だった!?

バラエティ番組などで活躍してきたはしのえみですが、
子供も出産し順風満帆のようですが、
実は子供に違和感がある為に、ある噂があるようです。

噂の真相とは一体、何なのでしょうか。

気になるので調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前:はしの えみ
生年月日:1973年10月23日
出身地:鹿児島県鹿児島市
身長:155 cm
血液型:A型
職業:女優、タレント
事務所:佐藤企画

 

はしのえみは不妊治療をしていた!?

2009年に俳優の綱島郷太郎と結婚し、
子供が欲しかったそうですが、子供ができにくい体質と明かし
不妊治療をしていたのではないかと言われています。

実際に2009年1月に結婚をしてから、
2015年10月に41歳で第一子を出産していることから、
子供を授かるまでに7年経過していることが分かります。

視聴者から激太りや劣化の声もあったようですが、
当時、出演していた『王様のブランチ』を卒業した理由も
不妊治療に専念する為だったのかもしれません。

 

はしのえみは高齢出産だった!!どんなリスクがあるの?

出産した年齢も41歳ということなので、
高齢出産ということになります。

加齢が原因で不妊率が高まるのは、一般的に35歳以上のようです。
自然妊娠の確立は30代後半では約18%、40代前半では5%、
40代後半では1%にまで減少してしまうそうです。

高齢出産は妊娠しづらくなるだけではなく、
その他にダウン症などの先天異常、妊娠高血圧症候群、
流産や難産の確立が高くなってしまうようです。

高齢出産には様々なリスクが伴うことが分かります。

スポンサーリンク

 

 

違和感のある子供の写真は?

高齢出産を経て、無事に出産した子供は女の子で、
「おはな」と言う名前のようです。

そしてその名前の由来は、

おはなのように、みなさんに愛される存在になりますように…
という願いを込めて。
そして、「おはな」には、
ハワイ語で「家族」や「心の絆」という意味もあります。
娘が、家族のような心の絆で結ばれた人々と、
たくさん出会えますように…そんな願いも込めました。

出典:はしのえみ オフィシャルブログ byAmeba

とても素敵な由来ですね。

名前だけでなく、
違和感があるという噂の画像はこちらになります。

確かに、赤ちゃんにしては、
ハッキリとした顔立ちをしていて少し違和感を感じますね。

はしのえみは高齢出産なので、
ダウン症ではないのかと疑ってしまいそうです。

実際、写真がブログに掲載されると、
ネットではダウン症なのではないかと噂があったようです。

ダウン症の顔に表れる特徴として、
ぱっちり二重で目が少しツリ上がっていること、
鼻が低いことが挙げられています。

画像を見ても少し特徴が当てはまっているように感じますが、
はしのえみもぱっちりとした二重の持ち主です。

2人の画像を見比べてみたいと思います。

 

 

目がとてもよく似ているように感じます。

よく見比べてみると、はしのえみに似た顔立ちですね。

他にも宇宙人や怖いといった心無い声もあるようですが、
赤ちゃんのときからクリクリの目をして、
将来、大きくなったときに羨ましがられることでしょうね。

噂の真相は分かりませんでしたが、
はしのえみも育児を楽しみ、
お子さんもすくすくと元気に育ってほしいですね。

 

スポンサーリンク

 

他の人気記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ