2017年台風22号の進路予想!神奈川に上陸の可能性や影響は!?

台風21号が通りすぎましたが、
また新たな台風22号が発生しています。

フィリピンの東海上を発達しながら北上していますが、
まだ台風の進路は定まっていないようです。

台風21号では避難勧告や河川の氾濫などもありましたが、
今後の台風22号の影響はどうなのでしょうか。

神奈川に上陸の可能性などチェックしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

2017年台風22号は神奈川に上陸!?影響は?

ウェザーマップによると、
台風22号は26日午後から
フィリピンの東海上を発達しながら北上し、
暴風域を伴いながら、28日(土)には沖縄に接近し、
10月29日~31日とにかけて本州に近づく恐れがあるようです。

神奈川にも影響がある可能性が高いですね。

米軍や気象庁、ヨーロッパなどの
最新の進路予想はどうなっているのでしょうか。

 

米軍(JTWC)の進路予想

出典:JTWC

28日に沖縄へ接近し、
29日の夜には本州へ近づいているようです。

神奈川まで上陸するようですね。

30日~31日にかけて台風に警戒したほうがいいかもしれません。

 

気象庁の進路予想

出典:気象庁

気象庁の27日0時の最新情報ですが、
台風22号の進路予想が表示されています。

米軍の進路とは少し異なりますが、
28日から31日にかけて
沖縄から東北へ台風が通過していくようです。

こちらも神奈川は上陸する予想となっています。

 

スポンサーリンク

 

 

ヨーロッパ(ECMWF)進路予想

出典:ECMWF

29日からの進路予想です。

沖縄に接近していることが分かります。

 

 

出典:ECMWF

30日には沖縄を多い、
九州の南側を通過しています。

 

 

出典:ECMWF

31日には日本を通過し、東の太平洋へ通過していくようです。

台風が本州へ上陸することはないようですが、
すくなからず関東への影響はあるかもしれません。

 

米軍や気象庁、ヨーロッパの各情報を確認してみましたが、
米軍と気象庁の台風の動きが似ていることから、
神奈川への上陸は可能性として高いかもしれません。

台風22号の関東や神奈川への警戒は
29日から30日にかけて注意をしたほうがよさそうですね。

スポンサーリンク

 

 

他の人気記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ