寝たきり女性の顔の傷は野良猫が犯人!!ひっかいた理由や原因は?

熊本県御船町で寝たきりの女性
松本眞弓子さん(82)歳が
顔に多数の傷があり
重傷を負った事件がありますが、
その犯人は野良猫の可能性が高く、
爪痕にその女性の血液反応も出ているようです。

犯人は猫と可能性があるようですが、
猫が人に対して重傷を負わすことのできる力があるのでしょうか。

事件や猫について調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

寝たきりの松本眞弓子さんが顔を切りつけられる!

この寝たきり女性の松本さんの傷は、
発見された当時20か所以上に切り傷があり、
重症でニュースで大きく取り上げられましたね。

家族が不在だったために、
認知症の症状もあることから、
松本さんへの恨みのある人物ではないかということで、
捜査が進んでいたようです。

 

事件の犯人は人ではなく猫だった!?

この事件の続報で、
松本さんの自宅で世話をしている
野良猫の犯行の可能性もあるということで、
現在も捜査が進んでいますね。

野良猫の爪付近から血液反応が出ているようです。

人間より小さな猫にそんな力があるのでしょうか。

次は猫のひっかく理由を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

猫がひっかく理由とは?

物事が起こるのには理由があるように、
猫がひっかくことにも理由があるようです。

以下が猫がひっかくとされている理由です。

 

じゃれている場合

猫は基本的にはいつでも前足で何かをしようとしていて、
物をいじったり、じゃれて遊んでいるときも、
前足を使って遊んでいるんだそうです。

 

怒らせてしまった場合

猫は気分屋なのでいつ機嫌が悪くなるか分からず、
猫の機嫌が悪い時にちょっかいをだすと、
当然ひっかかれてしまうようです。

 

興奮している場合

猫は本来、狩りをして生きていた生き物で、
攻撃的な生き物でもあるようです。

身の危険を感じるとまずは安全なところに逃げたりしますが、
猫にちょっかいを出さなければひっかかれることはないようです。

 

パニックになっている場合

猫は環境の変化にはとても敏感な動物で、
縄張り意識もとても高いようです。

自分が安心できる場所がなくなってしまうと、
相手が飼い主であっても攻撃してひっかくこともあるようです。

 

以上が猫がひっかくとされている理由ですね。

相手が小さな動物であっても、
感情もあると思うので、
何より油断をしてはいけないということが重要かもしれませんね。

 

本当に猫が犯人なの?

猫がひっかく理由は分かりましたが、
本当に猫が犯人なのでしょうか。

過去に野良猫が老人ホームで寝たきりの方の指を
食いちぎってしまった事件もあるようですが、
今回の事件もこのケースのように猫の仕業なのでしょうか。

『寝たきりの人間』を猫が襲うことに
猫が犯人だということに疑問視する声もあるようです。

この松本さんが自宅でお世話をしていた猫だったようなので、
何か環境の変化が原因で松本さんを襲ってしまったのでしょうか。

事件の真相は分かりませんでしたが、
猫に罪が被ることのないように事件が解決されるといいですね。

 

スポンサーリンク

 

他の人気記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ