沢田亜矢子の娘の父親は江本孟紀!?元旦那の松野行秀と離婚理由は?

女優の沢田亜矢子がテレビに出演して、
過去の「隠し子騒動」について話していたそうですね。

当時は「スキャンダル女優」として
話題になっていたようですが、
この隠し子の父親が江本孟紀とも噂があるようです。

元旦那と離婚した理由についても調べてみました。

 

スポンサーリンク

プロフィール

名前:沢田亜矢子
生年月日:1949年1月1日
出身地:北海道
事務所:オフィスのいり

 

沢田亜矢子の隠し子の父親は江本孟紀!?

沢田亜矢子は東京でピアノの弾き語りのアルバイトからスカウトされ、
歌手としてデビューしました。

活躍は歌手だけではなく、当時は人気のあった
日本テレビ『ルックルックこんにちは』の司会も担当したり、
ドラマ『サスペンス劇場』や『ワイド劇場』に出演したりと、
女優として多数のドラマにも出演し当時は
とても活躍していたのではないでしょうか。

活躍している一方で、
1985年に週刊誌にスキャンダル写真が掲載され、
同年の4月に渡米していた時期があったようです。

そのときにはスキャンダルから逃れる為ではなく、
”妊娠”していて海外で”出産”する為だったようです。

そのときに結婚はしておらず、
”未婚”だったということになりますが、
その相手が「プロ野球選手の江本孟紀」ではないかと噂があります。

この噂の背景には、
1984年頃から沢田亜矢子がスキャンダル女優と呼ばれていた頃、
1985年に江本孟紀とのスキャンダル写真が流出していたようです。

江本孟紀は既婚者なので、
”不倫関係”にあったということになります。

そして不倫スキャンダルで騒がれていた頃に、
渡米をして4ヶ月間芸能活動を休止して
出産をしていたようなんですね。

出産後に日本に帰国後、
「沢田亜矢子に子供がいるのでは?」と
マスコミに突き詰められてようですが、
妹夫婦の子供と偽っていたそうです。

しかし自分の生んだ子供にだけは嘘をつきたくないと思い、
その後のニュースで自分の子供ということを認めたそうです。

不倫をしたことによる一連の出来事ですが、
子供が生まれたことによって沢田亜矢子も
何かが吹っ切れたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

沢田亜矢子は結婚していた!元旦那松野行秀との離婚理由は?

不倫騒動が一段落してから、
1995年に自分のマネージャーである松野行秀と結婚をしています。

しかしその2年後の1997年には泥沼離婚劇が始まり、
離婚協議は最高裁まで争うことになってしまいました。

なぜ泥沼離婚にまで発展してしまったのかと言うと、
松野行秀が沢田亜矢子にDVがあったことや、
お金を使いこむなど、結婚生活にトラブルがあったようなんですね。

2001年には離婚が成立したようですが、
自分のマネージャーであった為に、
相手を信頼して結婚したのかもしれません。

子供の為には父親が必要だと考え、
焦ってしまったのかもしれませんね。

トラブル続きの沢田亜矢子の人生ですが、
これからは自分の為に人生を生きていってほしいですね。

 

スポンサーリンク

 

他の人気記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ