みやぞんに発達障害者の噂?アメトーークで語った幼少期がヤバイ?

芸人のみやぞんは天然で可愛いキャラで有名ですが、

以前から発達障害があるのではと噂があります。

そしてアメトーークで語った

幼少期のエピソードに真実が隠れているようですが、

みやぞんは本当に発達障害者なのでしょうか。

みやぞんの噂について調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:みやぞん

生年月日:1985年4月25日

出身地:東京都

所属事務所:浅井企画

 

みやぞんの発達障害の噂とは?

2016年に『とんねるずのみなさんのおかげでした』に出演し、

みやぞんの天然キャラが話題になりました。

 

その後はさまざまなバラエティ番組に出演するたびに、

独特のキャラクターで人気者になりました。

 

しかし、その独特のキャラクターにある違和感を感じ、

みやぞんに発達障害の噂が立ち始めました。

 

みやぞんはネタでギターを使いますが、

みやぞんはピアノが習ったこともなく、

楽譜が読めないようなんですが、

耳で聞いた曲やを理解するという能力があります。

 

同じような症例に「サヴァン症候群」が当てはまることや、

質問をおうむ返しにして返事をする姿から「ADHD」の噂や

みやぞんの注意散漫な姿から「アスペルガー症候群」の噂がありました。

 

スポンサーリンク

 

アメトーークで語った幼少期時代とは?

2017年11月23日に放送された、

テレビ朝日『アメトーーク 幼なじみとコンビ芸人』

みやぞんは自身の幼少期について語っていました。

 

相方のあらぽんが

「みやぞんは運動会で1人だけ応援のとき耳を塞いでいた」

と語っていました。

 

運動会でれば音楽や声援が飛び交うイメージがありますが、

1人だけ耳を塞いでいたということは、

やっぱり何か違うということが想像できます。

 

みやぞんは「突然みんなが叫んでびっくりした」と語っていましたが、

その幼少期のエピソードにみやぞんに何か障害があったと

感じた方も多かったようです。

 

 

みやぞんが音を嫌がる理由に、

聴覚過敏症であることがあげられます。

聴覚過敏症とは大抵の人からすると『何気ない音』を大きく感じたり、

耳に響いたりしてしまい、苦痛を感じてしまう症状で、

発達障害には聴覚か過敏な症例もあるようです。

 

本当にみやぞんが発達障害なのか疑わしいですが、

みやぞん本人が自身の発達障害を公表している訳ではありません。

 

しかし「相対的音感」が優れていて、

訓練したプロの音楽家並の能力はあるそうです。

 

こういった能力を生かして、

これからも芸人として活躍してほしいですね。

 

スポンサーリンク

他の人気記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ