相棒の反町隆史が演じる冠城亘の評判や演技力は?歴代のキャストの降板理由は?

so

新相棒で水谷豊演じる杉下右京の相棒に反町隆史が決定し、
その演技力や評価はどうでしょうか?

一時期テレビから姿を消してしまっていた理由は?

相棒の歴代のキャストの降板理由についても
調べてみようと思います。

 

スポンサードリンク

 

プロフィール

名前:反町隆史
本名:野口 隆史
生年月日:1973年12月19日
出生地:埼玉県さいたま市南区
身長:181 cm
血液型:AB型
職業:俳優・歌手・ファッションモデル
事務所:研音

1997年:バージンロード
1997年:ビーチボーイズ
1998年:GTO
2015年:相棒14

 

テレビから姿を消していた理由は?

『相棒』の出演が決まる前に、
テレビで姿を観る機会がほとんどありませんでした。

かつて『ビーチボーイズ』や『GTO』に出演し
人気が上がりブレイクしていきました。

そして事務所は次から次へとドラマを仕事を受けますが、
次第に反町隆史の演技力に変化が起こってきます。

それは反町隆史やドラマの役にのめり込むようで、
次のドラマでも前作のドラマの役を引きずってしまうそうです。

その為、演技が下手との噂もありました。

ドラマに出演してもヒットが出せずに、
次第に低視聴率が目立つ結果に繋がってしまったようです。

 

相棒の候補者は他にもいた?

『相棒』の出演者が決定する前に、
”次の相棒はこの人にやってほしい”という一般アンケートでは、
仲間由紀恵と及川光博の名前が上がり、
特にドラマの制作現場でも仲間由紀恵が第一候補として挙がっていたそうです。

『相棒』は、毎年10月~翌3月の2クールにかけて放送されるのですが、
仲間由紀恵は森光子さんの代表作だった舞台『放浪記』の主演を
今年から引き継ぐことが決まっていたらしく出演は難しかったそうです。

水谷豊の希望として、“40代以上のベテラン俳優”として出た候補者が
唐沢寿明、竹野内豊、織田裕二、反町隆史という40代~50代の演技派俳優たちだったそうです。

唐沢寿明、竹野内豊はスケジュールの都合で出演が難しく、
織田雄二は『踊る大捜査線』のイメージが強すぎることから
最終的に反町隆史に決まったそうです。

 

スポンサードリンク

 

 

歴代の相棒の降板理由は?

降板の噂をまとめてみました。

 

te01亀山薫役 寺脇康文の場合

水谷豊に憧れがあり、『相棒』で亀山薫役に抜擢され、
毎回ドラマ作りに励んでいたそうです。

『愛棒』を人気シリーズにしたのには、
自分も少なからず貢献しているという自負があったそうですが、
撮影現場で意見することも多くなり、それがスタッフや
水谷豊との関係が悪くなっていったようです。

そして最終的には自分から
”水谷さんから卒業する時期なのかもしれない”と思い、
自分から相棒の出演から身を引いたそうです。

 

o01神戸尊役 及川光博の場合

キャスティングや演出の決定にも
水谷豊の影響力が大きのは有名な話です。

まず始めの事件が、
水谷豊が了承していなかった監督やプロデューサーの意見に
及川光博が賛同し、水谷豊の逆鱗に触れてしまったこと。

次が30代美女との相合傘デートが発覚。

これらの出来事が降板の決定打になったようです。

シーズン終了後の打ち上げでも水谷豊は
3年間苦楽を共にした及川光博ことは一切語らなかったことから、
及川光博が完全に水谷豊の機嫌を損ね、不仲になってしまったようです。

 

n01甲斐享役 成宮寛貴の場合

水谷豊は自分の演出やキャスティングにクレームを入れてくる人を好まず
最初は成宮寛貴のことを可愛がっていたそうです。

ですが次第に状況が一変し、
水谷豊が成宮寛貴さんの演技に飽きてしまったそうです。

”相棒としては若すぎる”、”演技が下手”が理由にあがり、
最終的に降板になってしまったそうです。

 

反町隆史の演技の評価は?

反町隆史の出演が決まってから、
一部では”相棒が仲間由紀恵じゃなくてガッカリ”という声もあったようです。

ですがそんなことも気にならないくらい、ネット上では大評判のようです。

”反町隆史、渋くなっててかっこいい”

”反町隆史の存在感はキワだってた”

”反町隆、はまり役かも”

しばらくテレビから姿を消していましたが、
相棒の出演でまたブレイク出来るんでしょうか。

相棒シーズン14が終わる頃も好評価であってほしいですね。

 

スポンサードリンク

 

関連記事はこちら

他の人気記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!