大沢樹生の裁判結果は?親権は喜多嶋舞?息子の父親Fは伏石泰宏?

oo01

元光GENJIの大沢樹生の息子との親子関係について、
裁判が起きていますが裁判所から判定が下ったようです。

息子の親権はどうなったのでしょうか。

泥沼化した息子の父親の正体など、真相を調べてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

プロフィール

名前:大沢樹生
生年月日:1969年4月20日
出生地:東京都
職業:歌手、俳優
所属事務所:ドリームフォープロモーション(代表取締役)

 

大沢樹生と息子の親子関係をめぐる判決結果は?

大沢樹生と女優の喜多嶋舞と
長男の親子関係について2013年7月に調停の申立が
不調に終わっていたことから裁判が始まりました。

この裁判に至るまでの経緯は
大沢樹生が現在の妻との子供が誕生前に死産したこと、
“長男が先天性の疾患で耳が不自由なこと”から自分の遺伝子に不安を持ち、
他にも自分に似ていない“長男”に対する疑問もあったそうです。

疑問を払拭すべく大沢樹生は2013年2月に海外の鑑定機関に長男のDNA鑑定を依頼し、
”2人が親子である確率は0%”との鑑定結果を受け、
喜多嶋舞にも伝えるも、”99.9%、長男の父親は大沢樹生”と完全否定しました。

2人の言い分は完全に食い違い泥沼化していきますが、
2015年11月19日に東京家庭裁判所から”親子関係が存在しない”と判決が下りました。

裁判所からの判決のみなので、
まだまだ泥沼化は避けられないようです。

 

スポンサードリンク

 

 

長男の親権は誰?

大沢樹生と喜多嶋舞は1996年6月に結婚し、
翌1997年1月に長男を出産していますが、
性格の不一致を理由に2005年9月に離婚しています。

離婚後は長男の親権は喜多嶋舞にあったようですが、
2007年に喜多嶋舞が再婚したのを機に大沢樹生に移っています。

ところが2013年9月も再び喜多嶋舞に親権が移り、
現在は米国で暮らす喜多嶋の父で音楽プロデューサーの喜多嶋修、
母で元女優の内藤洋子の元にあるようです。

今回の判決結果でも親権はどうなるのでしょうか。

血の繋がりよりも育ての親と言いますが、
大沢樹生は親権を取り戻すつもりなのでしょうか。

今後の親権問題についても気になるところです。

 

息子の父親Fは伏石泰宏!?

大沢樹生と息子の”親子関係が存在しない”のであれば、
父親は誰かと言うことになりますね。

過去に週刊誌でも取り上げられたようで、
記事の内容は下記になります。

“オレが父親なのに”と訴えていましたが、
私たちには“舞さんが違うって言っているから”と、
彼を窘めることしかできませんでした。
それからXは少しずつ性格も私生活も荒れていきました(前出・知人)

以後、’00年代前半頃まで活躍するも、芸能界をも引退。

彼の名前が再度、メディアにあがったのが’10年のこと。
都内のホテルで怪しいパーティーを開催したとして逮捕されたのがY氏だった。
(引用)

その方の名前は元ジュノンボーイの伏石泰宏だと噂があります。

伏石泰宏はJUNONのコンテストの入賞を期に芸能活動を開始し、
怪しいパーティーで3億円以上荒稼ぎして逮捕となっているようです。

伏石泰宏がの暴力的な性格との噂もあったことから、
事務所や喜多嶋舞はお腹の子を最優先して
”大沢樹生とのでき婚”とすることにしたのかもしれませんね。

しかし一番可愛そうなのは”長男”ですよね。

自分が親と思っている相手が親子関係の裁判を起こし、
自分は何のために生まれてきたのか、と考えてしまいそうです。

大沢樹生と喜多嶋舞の問題よりも、
この”長男”が何よりの被害者かもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

関連記事はこちら

他の人気記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!