大沢樹生の娘りりいの病名は無脳症!?写真は?嫁さやかの現在や子供は?

oo01

大沢樹生と現在の沙耶香(さやか)との間には、
2012年に死産した子供がいるようです。

死産の原因はなんだったのでしょうか。

大沢樹生の子供や、
嫁のさやかについて調べてみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

名前:大沢樹生
生年月日:1969年4月20日
出生地:東京都
職業:歌手、俳優
所属事務所:ドリームフォープロモーション(代表取締役)

 

大沢樹生の娘りりいの病名は無脳症だった!!

大沢樹生は喜多嶋舞と2005年に離婚後に、
2008年には現在の嫁である沙耶香(さやか)という一般女性と再婚をしています。

沙耶香が妊娠しにくい多嚢胞性卵巣だったようですが、
子供を望んでいるために不妊治療を始めていたようです。

しかし不妊治療がきっかけで”子宮頸がん”が発覚したようですが、
幸い早期発見だったために無事に手術も行われたようです。

その後も子宮脛がんの定期検診で病院に行ったりなど、
沢山の苦労をしていたようです。

そして2012年には待望である命を授かり、
ブログでも妊娠したことを報告しています。

ですが”胎児異常により妊娠継続は困難”と医師に診断され、
2012年5月24日に死産したことをブログで報告する結果になってしまいます。

子供の名前は『莉々生』と名付けたようで、
大沢樹生は沙耶香の妊娠中での出来事を下記のようにブログで綴っています。

o03

”お陰様で8週を迎えられ、8割方大丈夫でしょう☆
と先生からお言葉を頂き…超音波でもドラえもんのようなベビがいて、
手も確認出来、心拍も力強く動いておりました♪♪♪

りりいに異常が見っかったのは、4月の初め頃でした。
『メレンゲの気持ち』の収録の直前でした。
りりいに異常が見つかったという、このタイミングで妊娠の発表をしてもいいのか‥と悩み、
戸惑いましたが、奇跡がおきる事を信じて発表を控えるのもネガティブ過ぎると思い、
発表に踏み切りました。

名前の『莉々生』は、莉々生の誕生を心待ちにしてくれていた、
妻の姉の子供…莉亜菜と菜々実から一文字づつ戴き、
「生」は妻がパパとも一生繋がってる証、と私の名前から一字入れました。”
(引用)

娘の莉々生に何があったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 
”無脳症”という疾患を持ち、生まれてきたようです。

この疾患は奇形症の一つで、
1/1000の確率で発症すると言われているようです。

頭が半分または全く無いか、小さい塊に縮んでおり、
死産率が75%、一週間以内に亡くなってしまう疾患のようです。

大沢樹生は自身のブログでこのことを公表し、
頭を包帯で巻いた”莉々生”の写真を載せていました。

しかし下記の理由により現在では削除されています。

”ここの場所に、莉々生の写真をUPしておりました。
沢山の皆様に莉々生に会って戴き、
莉々生に対し皆様から沢山可愛い♪
とおっしゃって戴けた事…大変嬉しく思っております。ありがとうございます。
莉々生も沢山の皆様と会い、少し疲れたと思いますので、一度写真を戻させて頂きます。”
(引用)

ブログでは写真が削除されてしまっていますが、
ネット上では”莉々生”の写真があるようです。

写真はこちらになります。

o02

とても綺麗な顔立ちをしています。

通常は目は閉じてしまうようなのですが、
病院の方が目を閉じても目が勝手に開いてしまっていたようです。

人工的に出産したようですが、
出産中も中々生まれてきてくれなかったようで、
お腹の中にいたかったのかもしれません。

ご冥福をお祈りいたします。

 

現在の嫁さやかは?元気な子供が生まれていた!!

不妊治療や、長女の莉々生は残念でしたが、
現在はどうしているのでしょうか。

その後の2014年1月には
元気な次女が誕生しているようです。

”思いっきり事後報告になってしまいましたが、
おかげさまで先月13日、2014年1月13日に妻が出産致しました。
3575gの元気な女の子です。”
(引用)

今も辛い気持ちがあるのかもしれませんが、
その分も幸せに過ごしてほしいですね。

 

関連記事:大沢樹生の裁判結果は?親権は喜多嶋舞?息子の父親Fは伏石泰宏?

 

スポンサーリンク

 

他の人気記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ